FC2ブログ

さくらんぼ(ブダペストにある日本人宿)

ハンガリーブダペストにある、日本人とハンガリー人が共同設立した小さな民宿です。主に日本人や、日本に興味のある旅行者を対象にしております。さくらんぼやブダペストの近況を、気ままに綴ってまいります.

スポンサーサイト

Posted by sakuranbobudapest on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレエ『白鳥の湖』

Posted by sakuranbobudapest on   0 

先日、国立オペラ座でのバレエ『白鳥の湖』公演が千秋楽だったので、
これは観とかねば!と行ってまいりました。





今回は、元々さくらんぼのお客さんであり、
今はブダペストのバレエ学校に通うバレエダンサーの子と一緒だったので、
素朴に思っていた疑問を沢山聞けて勉強になりました。

例えば、音楽ならば、楽譜があるのでわかるのですが、
振り付けは・・・???
公演によって振付師は違うのに、いつ観ても同じような振り付けの踊りもあるなぁと思ったのです。
・・・それは、場面によっては
「この踊りは大抵こういう振り付けで踊る」と決まっているものもあるということだそうです。
『白鳥の湖』の二幕などは、昔から踊られてきた型があるそうなので、
私達の中で共通のイメージがある踊りもあるんですね☆

この日のオデット(白鳥)、オディール(黒鳥)役(一人二役)は韓国人。
最近のハンガリー国立オペラ座でのバレエは、
外国人(ハンガリー人以外)の名前も目立ち、
日本人の方も沢山ご活躍されているのが印象的です。
昔は、アジア人というのは欧米人の中に混じると体型ですぐわかったものですが、
今時のダンサーさん達は日本人でも手足が長く、
引けを取らないどころか表現力も豊かで、
いい意味で目立って魅せてくれていました。
同じ日本人として、遠い地ハンガリーでご活躍されている皆さんを誇りに思います!

因みに今日ご一緒してくれたM君に、
第三幕で黒鳥に騙される王子のバカさ加減を嘆いたら、
「バレエに出て来る男の役は大抵アホなんですよ」とのことでした(笑)。
いつかM君が大舞台で"アホな王子役"を演じる日がきっと来ると思うので、
その日を楽しみにしています!A
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。